大原港 第三松栄丸 

一つテンヤのマダイ釣りについて


 現在、外房一帯でブームになっている”一つテンヤのマダイ釣り”は、この1〜2年の内に確立されてきた釣り方で、カブラやテンヤ等はいまだに開発され日々進化を続けています。以前では水温が16度以上にならないと、マダイ釣りのゲームとしては成り立ちませんでしたが、釣具開発の進歩に伴い、非常に細仕掛けで強度のある新素材(PE)が市中に出回り、水温の一番下がる2月でも、全く問題なくマダイ釣りができる(釣果がある)ようになりました。
 我々の先代の人々が黒潮の流れに乗り、紀州〜伊豆〜房総へと文化・釣技を広めた事が、俗に言う”黒潮文化”です。地名においても白浜や勝浦などは、紀州の漁師達が「南紀白浜に似ている」とか、故郷を慕って名付けた地名と言われています。
 マダイ釣りに関しても、伝統漁法の紀州ビシマ釣り〜シャクリ釣り〜リールシャクリ釣り〜鯛ラバージグ〜一つテンヤのマダイ釣りへと、めまぐるしく変化してきて、どうやら初心者にも手軽に入門できて、尚且つ楽しくそこそこの釣果も期待できる事から、釣り人の間で話題になり、外房から全国へとブームが広がりつつあるのが、一つテンヤのマダイ釣りです。
 当船(第三松栄丸)でもいち早く対応し、土曜・日曜の午後船は一つテンヤのマダイ釣りに出船していますし、また平日等でも5人以上集まれば出船いたしますので、2〜3名でも遠慮なく申し込み下さい。

電話0470−63−0085 FAX0470−63−0092
wakahide@dai3matsueimaru.com
〒298-0003 千葉県いすみ市深堀45


タックル等について

釣竿:釣竿は現在各社より開発された専用竿が販売されておりますが、長さは2.5m前後の竿で、感度の良い穂先で尚且つやや胴に来る調子(7:3調子)が良いと思います。キス竿やシーバス用の(ライトタックル)竿でも、全く問題なく釣りが出来ますのでチャレンジしてみて下さい。

リール:リールは軽いテンヤをスムーズに送り出す為に、有名メーカーのスピニングリールで3000番程度の物で、個人個人の拘りもありますが、価格的には定価で10,000円〜30,000円位、一般的にドラッグは700g〜1,000gに調整し、大型ダイの引きに対抗できるようにしておきます。

道糸+ショックリーダー:道糸は新素材(PE)の0.6号〜1.0号程度(一般的には0.8号を使用)を100m〜200mとショックリーダー2.0〜3.0号(先糸)を5m位リールに巻きますが、時として根掛り(地球を釣る事)などでPEを50m位ロスする事があります。シーバス等を釣ってる方でラインシステムが簡単に組める人は良いですが、もし出来ない人は船長まで申し出てくだされば、船長が即対応いたします。またナショナルから販売されているラインツイスター(4,500円前後)でも、簡単にシステムが組めるようです。ご参考まで

一つテンヤ:一般的に一つテンヤと言っても、我々漁師が代々受け継いで作っている”カブラ(鯛鏑)や、釣具メーカーから開発され発売される物など、様々な色・形等がありますが、どれが一番良いかはその日の潮の色(水色)や潮流、また釣場によって変わりますので、6号から10号位のテンヤを、種類別に数個持参する事が望ましいと思います。また大船長自作の鯛鏑でしたら船中で販売しています。

つけ餌:餌は冷凍エビ(サルエビ)を使用しますが、まずエビの尻尾を鋏等で切り落とし、テンヤの孫鈎を胸の中央から口方向に刺し、テンヤに付いている親鈎を、切った尻尾の先から刺して腹に出し、なるべくエビがまっすぐになるようにセットします。この状態ですとエビが上を向いている事になりますが、これで全く問題ありません。これで良いのです。


釣り方について

@まず釣場に着いて船長がシーアンカー等の準備と支度をしている内に、配られた冷凍エビの尻尾を10匹程度切って、釣りの準備を整えておきましょう。(当然テンヤに餌を付けておきます)釣場にもよりますが、テンヤの重さは最初8号で様子を見ましょう。

A船長の指示に従い「良いですよぉ〜〜!」の合図で、スピニングリールのベールを返して、スムーズに仕掛けを送り出していきます。
底だち(着底)が取れないようでしたら、ワンランク重いテンヤに替えて挑戦しましょう。

Bテンヤが着底するとラインがフケル(弛む)ので、軽くリールを巻きラインを少し張り気味にして、魚の反応(アタリ)を伺います。魚の活性が良い場合は、すぐにアタリがでますので上手にアワセをくれ、釣上げてください。

C10秒〜20秒位アタリが無かった場合は、釣竿を一番上までシャクリ上げ、その後はシャクリ上げた分だけ、テンヤの重さで自然に落としていきます。餌を持ち上げる事で魚にアピールして、落ちていく時に(落ちた瞬間)食い気が出てアタリが出る事が殆どですので、この動作を数回繰り返し、船が流れているので徐々にラインがふけていきますので、5回に1回位は仕掛けを上げて餌の確認をします。

D仕掛けを上げる時には、急いで巻き取らずゆっくり巻き取ると、時として魚が食い付いてくる事(追い食い)がありますので、海底から10m位は意識してゆっくり巻く事を心掛けましょう。

Eアタリが出て魚が掛かったら、リールのドラッグ調整はしてあるので、慌てないでじっくり対応しましょう。(マダイは走りますが根には潜りません)大きなマダイになると取り込みに30分以上かかる事がありますが、周りの釣り人にも協力してもらい、是非大ダイを釣上げてください。

一つテンヤマダイのタックル概略はこちら


以上、大雑把にかいつまんで説明いたしましたが、解からない点や疑問がございましたら、何なりと船長まで申し付けください。
 第三松栄丸スタッフ一同、皆様のご健康とご健釣を祈念申し上げます。


Copy right(C)Daisan-Matueimaru All rights reserved